今回は行動力について。1%の勇気を出し行動につなげるための考え方について書いていきます。頭ではわかっていても、実際のその場面になると怖気付いてしまって手を挙げることができない人は必見です。

スポンサーリンク

なぜ人は行動することを恐れるのか

なぜ人は行動することを恐れるのか。いくつか理由があるでしょう。

①恥をかきたくないから

②行動するだけの理由がないから

③リスクを負いたくないから

90%くらいは上記に該当する理由でしょう。多くの人がこうなるのは人間の真理として当然なのでしょう。誰も自分に意味のないことはしたくないし、失敗だってしたくないのです。一方で何かを手に入れたいと思うならば、何もしなければ変わらないこともまた真実。故に、行動し自分を成長させ何かを得たいならば、全く逆の行動を取ればいいのです。

 

①恥をかきたくないから →   恥をかいて自分を曝け出す

②行動するだけの理由がないから →   なぜ行動するのか理由を明確にする(志や夢を持つ)

③リスクを負いたくないから →   リスクを負う

あと1%の勇気を出す方法

では、その行動を起こすための1%の勇気を出す方法を考えてみます。

大きな部分として大切なことは、思考をプラスに変えることです。先にあげた行動を恐る理由を見ると、どれもネガティブな思考が勝ってしまっています。では、どうすればプラスに変えることができるのか。

「頭の中で想像できることは実現可能」

と思うことです。

例えば最近私が起こした行動に「東京マラソンに参加する」があります。人生でやりたい100のことにも書いたように、いつかフルマラソンに挑戦したいと思っていました。ですが、最近はあまり時間が取れずにランニングできておらず5キロ走るのもやっと。最高ハーフしか走った経験がありません。普通だったらいきなりフルマラソンに応募するなんて無謀だと思います。でも、恐らく応募するという行動をしなかったらいつまで経っても実現しないかもしれない。そんなものなんですよね。

ハッタリをかまして現実をそこに追いつかせることこそが、己を成長させることに必要なバイブルです。

手を挙げるべきか、どうするか。

選択する必要がある場面になった時、「そこで手を挙げて、物事を実現し成功できるイメージ」が少しでも沸いたら迷わず手を挙げてください。ちょっと不安要素があったとしても、大丈夫。その不安要素は、あなたの行動を阻害する呪縛です。実際やってみたら大したことなかった、なんて経験はありませんか?呪縛は大きくあなたにのしかかってきますが、1%の勇気という心の光で消え去ります。

スポンサーリンク

人生で何回手を挙げることができるか

人の成長や成功は、「人生で何回手を挙げることができるか」に掛かっています。

仮に失敗したとしても、たくさんバッターボックスに立って全力フルスイング。4回空振り三振でも、5回目に逆転満塁ホームランが打てるかもしれない。その結果を出すには失敗を恐れず打席に立つしかないのです。宝くじも同じ。どうせ当たらない…と買わない人にはノーチャンス。買うという行動をした人にだけチャンスは生まれるのです。

 

世の中にはたくさんの自己啓発本がありますが、結局は全て「行動力」が物事を決めると書かれています。

スポンサーリンク
最初の壁を乗り越えろ! ブログを3ヶ月で収益化 アフィリエイト完全マニュアル

本当にブログで収益化を目指したい!という初心者の方向けに、私がどのようにして3ヶ月で収益化を成し遂げたのか、その手法と体験談を余すことなくご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事