効果的なインプットからアウトプットに繋げる方法を考えていきます。様々な方法がありますが、最も本質的で効果的なやり方で再現性の高いものをご紹介します。

スポンサーリンク

インプットした情報には賞味期限がある

人は様々な形で情報を脳にインプットしていますが、良質で頭に残るインプットは「それにどれだけ真剣に向き合ったか」で決まります。

・非常に興味を感じて本を読んでみる

・何となく目に入ってくるテレビを視聴する

当然ですが、この両者では自ら能動的に行動を移しインプットしている前者が確実に記憶に残ります。ここまでのお話は普通の当たり前の事象です。

さて、良質なインプットができたとして、その情報には「賞味期限がある」ということは皆さん認識しているでしょうか。

人は忘れる生き物です。これは多少個人差はあれど、誰しも共通している人間の本質です。どんなに良質なインプットをしたとしても、時間が経つと薄まってしまう。賞味期限は確実に存在するのです。

例えば、あなたが最も感動した経験を思い出してみてください。その時と全く同じく鳥肌が立ち、胸が込み上げてくるような感触を再現することはかなり難しいのではないでしょうか。

効果の高いアウトプットをする方法

インプットには賞味期限があるということをふまえて、効果の高いアウトプットをする方法を考えていくと自ずと答えは見えてきます。

インプット後になるべく素早くアウトプットする

シンプルですが、これが最も本質的で効果的です。もっと具体的に言うなら、インプットしたその日のうちにアウトプットすること。寝てしまうと情報は薄まります。ですから、寝る前にアウトプットする癖をつけると効果的です。遅くても翌日中には必ずやりましょう。

著名な方々が「仕事ができる人はもれなくスピードが早い」というのは、情報が薄まる前の非常に頭に残っている状態で行動を移しているので、その行動の質も高いというのが理由の1つとして考えられますね。

実はこのブログも昼間の時間に様々な方法でインプットし、最も印象に残ったことを自分の言葉に直して、就寝前にブログ更新することでアウトプットしています。

スポンサーリンク

まとめ

これまでの情報をまとめると

①その情報にどれだけコミットしているか(インプットの質)

②インプットした情報には賞味期限がある(人間は忘れる生き物)

③感動を再現することは難しい

④アウトプットは賞味期限が切れる前に必ずする

 

最後になりますが、インプットとは情報を覚えたり文字を記憶したりすることではありません。インプットとは「体験をすること」です。そう考えると、生きている場面の中でインプットする場面はたくさんあるはずです。

多くの経験をし肌身で感じるインプットの数を増やすと、自分自身の人間の器を大きく広げることができるでしょう。

スポンサーリンク
最初の壁を乗り越えろ! ブログを3ヶ月で収益化 アフィリエイト完全マニュアル

本当にブログで収益化を目指したい!という初心者の方向けに、私がどのようにして3ヶ月で収益化を成し遂げたのか、その手法と体験談を余すことなくご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事