自分はこういう人間でありたい!これを実現したい!など、夢に向かって努力を重ねている人はたくさんいるでしょう。今回は自分が夢を成し遂げるためにやるべきこと、その順序を間違わない方法を執筆します。

スポンサーリンク

何より大切なのは自己分析

まず、前提として抑えておかなければならないことは、夢や成し遂げたいことが大きければ大きいほどに実現が困難だったり時間がかかるということです。たくさんのハードルがあなたの目の前に立ちはだかります。それらを1つ1つクリアしてこそ、具現化していけるのです。

よく使われる言葉で、ホップ・ステップ・ジャンプがあります。ジャンプした先にあなたの実現したいことがあるとして、現状自分の立ち位置・能力はジャンプできる状態にあるでしょうか?

まずはしっかり自己分析して、自分の立ち位置を明確にすることから全てが始まります。多くの人は成功者を見て憧れを抱いたり羨ましがったりします。あんな風に自分もなりたいと思います。ですが、その成功者も一夜にしてその立場を手に入れた訳ではありません。そこを理解せずに結果だけ追い求めると、現実とのギャップに押しつぶされてしまうでしょう。

ホップ・・・勉強期間

ステップ・・・実践期間

ジャンプ・・・勝負する期間

自己分析して、自分にはまだまだ勉強が足りないと思ったらそこから。ある程度知識がついてきたら行動してみる。そして、実績が積み重なってきたら大きく勝負に出てみる。

自分が今どのフェーズにあるのかを把握しましょう。

三人称目線の重要性

自己分析で大切なポイントがあります。

それは、自分だけでなく他人からも自分を評価してもらうということ。そして、三人称目線でも考えるということです。

なぜかというと、自分はこう思うけど周囲からはどう見えているのか客観目線が必ず必要だからです。自分の頭の中や考えは必ずしも正しい訳ではありません。人の意見に惑わされてもいけませんが、自分の考えに固執してもよくない。どちらの目線もバランスよく持って自分を見つめることが大切です。

そして、更に高度な目線が「三人称」です。

自分目線、他人目線、その次が三人称目線で、自分・他人を更に上から見下ろすようなイメージです。宇宙目線という言葉で使われることもあります。要するに。非常に大極的なところから自分を見つめるということです。

例えば世間の同世代と比べて自分はどうなのか、世界と闘っていく上で自分に何が足りないのか、自分という人間は世間からどのように映っているのかなどです。

自己分析の精度を高め、ポジションをとる上で一番必要な目線といっても過言ではないです。

スポンサーリンク

やるべきことが明確になったら迷わない

つまり、夢に向かって迷わず行動するためには徹底した自己分析に全てがかかっているのです。

時間をかけても構わないので、自分は何が好きなのか苦手なのか、得意なのか苦手なのか、どんな価値観なのか自分を知りましょう。そして、それを他人目線・三人称目線でも深掘りして考えていくと、自分が勝負すべきポジションや立ち位置が見えてきます。

そこまで思考を整理できれば、やるべきことは明確になり迷いは一切無くなって前に進んでいけることは間違いありません。

スポンサーリンク
最初の壁を乗り越えろ! ブログを3ヶ月で収益化 アフィリエイト完全マニュアル

本当にブログで収益化を目指したい!という初心者の方向けに、私がどのようにして3ヶ月で収益化を成し遂げたのか、その手法と体験談を余すことなくご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事