今回はストレスフリーな働き方をテーマに考えていきたいと思います。

近年では人間の生き方自体が多種多様となり、その影響もあってか働き方の種類も多様化しました。これまでと同じような形態で企業に属して働く勤め人。フリーランスで独立して活動する人。会社に通わずリモートワークで仕事をする人。どれも決して間違ったことはなく、自分のスタイルにあった形を選べば良いと思います。

しかし、勤め人とフリーランスでは決定的な違いがあります。それは会社の看板を背負わず、自分自身の価値のみで勝負しているという点です。フリーランスは「個人のブランド化」ができている。ですから、勤め人にもなれるしフリーでも働ける。でも勤め人がフリーでやっていくというのは、なかなか難しいものです。

これからは個が活躍する時代。そんな時代をどうやって勝ち抜いていけばいいのでしょうか。

スポンサーリンク

会社を利用してブランド人になれ

今現在勤め人で、この先フリーや個人のブランド化を目指している方は必見。

今の仕事をストレスフリーにこなしながら、将来を見据えて活動するには「会社を徹底的に利用する」というマインドを持ちましょう。

なぜか?その理由は大きく3つあります。

①会社に使われる人間にならない

自分は今ステップアップの準備段階。いきなりジャンプするにはまだ能力が足りない。それならば、自分の描く理想の姿になるまで、今の環境を徹底的に利用すればいいのです。会社に使われるのではなく、成長の手段とするのです。その方がマインド的にも前向きに行動できるようになりますので、ストレスフリーに働くことができるでしょう。

②まずは会社内での結果

今の環境化で結果が残せない人は、フリーになっても結果を残すことは非常に難しいでしょう。ですから、順序としてはまずは会社で結果を出すこと。圧倒的に。それに集中しましょう。「実績」を作ることは個人のブランディングをしていく上で絶対必要なことですし、自分の勲章になって残ります。

③恵まれた環境

フリーランスになると実感すると思いますが、会社の看板があること、インフラが整っていることなどは本当にありがたい環境なのです。中にいるとその実感はなかなか湧かないかもしれません。その環境をうまく使って、人脈や知見を広げたりすることで自己成長に繋げていきましょう。

ブランド化とは

個人のブランド化についてもう少し言語化してみます。

ブランドとは「己が何者かになる」ということ、「ポジションを取る」ということです。

即ち、ある分野で自分が他人を喜ばせることができる圧倒的価値を備えるのです。それをたくさんの人が認めてくれたらブランド化されます。

その為には、数字で表せるような結果が必要で、だから「実績」が必要なんですね。

 

実績は小さな成功体験の積み重ね。その重なりが大きな大きな結果を生む。イチローのプレースタイルが正にこれの象徴です。

スポンサーリンク

ストレスフリーに働く

ストレスフリーとは、自分の精神状態のコントロールなのです。

会社を利用して働くというマインドに変えるだけでも、きっと見えてくる世界や行動の仕方が変わってくるはずです。いや、確実に変わります。そして、その変化の先にあるのが理想の自分の生き方なのです。

ストレスフリーで働くというのは「楽して働く」という意味ではありません。「楽しんで働く」ということなのです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事