ストレスと密接に関係している毎日の生活習慣に「睡眠」があります。この睡眠を上手に取ることはストレスフリーに生きる上で大切なことです。そのために、ストレスと睡眠の関係を知り、どうすれば良い睡眠を取ることができるのかをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

ストレスと睡眠の関係

ストレス状態にあると不眠が起こりやすくなります。その原因は、ストレスホルモンと呼ばれる副腎皮質刺激ホルモン、コルチコトロピン(ACTH)です。ストレスがかかると、視床下部にある神経細胞がコルチコトロピン放出ホルモン(CRH)を下垂体門脈という血管に放出します。このホルモンが下垂体に入ることによって睡眠を抑制する作用を持つコルチコトロピンが分泌され、不眠を呼び、さらには免疫機能をも低下させてしまいます。

このようにストレスと睡眠はお互いに深い関係性があり、ストレスが溜まると不眠の原因となり、不眠が続くとストレスが溜まります。不眠は更なる身体への影響悪化も懸念される要因となるため、必ず改善したい症状の1つです。

不眠に陥りやすい人の特徴

・マイナス思考が強く、考えすぎてしまう人

・楽観的思考ができない人

・責任感が強すぎる人

・イライラしやすい人

人生を生きていれば楽しいことだけでなく、辛いことや難しいことがあります。その際にどういう風に自分の思考をコントロールできるか。これが睡眠にも大きく影響し、ストレスから疲れが取れづらくなったり、睡眠の質の低下に繋がる恐れがあります。

スポンサーリンク

快適な睡眠を取るためには?

質の良い睡眠を取るためにいくつかテクニックがありますので、ぜひお試しください。

食事を早めに取る

食事やアルコールをとってすぐの睡眠は、胃や腸が活動したり体温が上がったりするため眠りが浅くなる傾向にあるそうです。なので、寝る時間の2〜3時間前には食事を済ませるようにしましょう。

快適な室温・気温

適温でないと深い眠りに入れずに布団を掛け直したり、寝返りをうってしまったりします。心地よい快適な室温にするように調整しましょう。

部屋の明るさを調整

人間は光に身体が反応する特徴があり、太陽の光を浴びると活性化し、夕焼けに近いオレンジの色の照明では睡眠の準備を始めます。なので、睡眠時はオレンジ色の間接照明にしたり部屋を適度に暗くしたりしましょう。

寝具をそろえる

お気に入りの抱き枕やパジャマといった快眠グッズを揃えましょう。人によっては枕を変えるだけでも劇的に睡眠効果が改善される場合もあります。

睡眠のリズムを作る

可能な限り、同じくらいの時間に毎日睡眠に入れるように心掛けましょう。生活のリズムを守ることは健康において重要なファクターです。体内時計という言葉もある通り、時間の習慣化は睡眠を安定させる上で必要なことです。

まとめ

ストレス社会の現代において、睡眠が十分に確保できないという悩みは尽きません。しかし、睡眠の質の向上や睡眠時間の確保は自分がやらなくてはならないことです。誰かが助けてくれるものではありません。

最近よく寝れていないという方は、ぜひテクニックを1つ1つお試ししてみてください。

スポンサーリンク
最初の壁を乗り越えろ! ブログを3ヶ月で収益化 アフィリエイト完全マニュアル

本当にブログで収益化を目指したい!という初心者の方向けに、私がどのようにして3ヶ月で収益化を成し遂げたのか、その手法と体験談を余すことなくご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事