ストレスフリーな人生を手に入れるためには、理想の自分と今の自分の姿を比べ、その差を縮めることが必要です。どうしたら縮められるか考えたらそれを具体的に行動に移していきますが、理想を手にするにはまだ何かが足りません。それは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

行動力だけでは足りない理由

行動力とは「目的のために積極的に行動する力」という意味です。

行動しなきゃ何も変わらない、考えるより行動、そんな内容の文章はよく見ます。それは正にその通りで、頭で考えて行動に移せる人も実はかなり少ない。ある統計データでは、何かを学んで自分の生活で実行できる人の割合は20%ほどしかいないという結果が出ています。

そう、行動するだけでも実はハードルが高い。一歩踏み出せているだけでも大きな前進であることは間違いありません。しかし、あなたが行動したその理由に着目してみてください。目的は行動することではありませんよね?変えたい何かがあるはずです。

そう、行動することが目的ではないですから行動したことで満足していたのでは理想は手に入らないのです。

行動力と実現力の大きな違い

実行力とは「計画などを実行に移す力。実際にそのことを行える能力」を指します。

行動力=実現力と思っている方が多いのですが、実は似て非なるものだということを認識しましょう。

・計画性

実現力の高い人はただ何となく実行しているのではなく、計画性を持ってそれに取り組んでいます。具体的に、数字で表して計画を建てます。何故計画性が重要か、それは理想地点までの道のりを逆算でき、理想への道筋を建てれるからです。道筋がしっかり作られていれば、迷うことなくゴールまで迎えますよね?

・決断力、判断力

実現力の高い人は計画性を持って行動し、仮に問題が発生しても最適な解を自ら導き出して決断・判断していく能力が高い。前に物事を進めていく推進力が高いとも言えます。

・結果にこだわる

行動力があってもその結果何も生まなければ意味がないということを実現力の高い人は理解しています。学生のうちは行動力の高い人は評価されます。仮に失敗しても良い勉強になったとなるでしょう。しかし、社会人以降は行動力に結果がついてこなければ評価はされません。

結果とはつまり、「理想を手にする」ということです。ゴールまでの道のりが長い場合は、それに辿り着くための小さなゴールを作り、それを一つ一つクリアしていくのです。

スポンサーリンク

目的を見失わない

あなたが今行動しているのは何のためでしょうか?その目的を見失ってしまうと、いつの間にか全然違うことをしていたり行動することが目的になってしまったりします。

これは、特に一人で取り組んでいるときに陥りやすいので、定期的に周囲の人から意見を聞いて誤っていたら軌道修正をしていきましょう。最短距離でゴールに向かえないこともあります。少し遠回りしたっていい。遠回りした分、実行したことに深みが出ます。その深みは、あなたにとって人生の大きな財産になってくれるでしょう。

スポンサーリンク
最初の壁を乗り越えろ! ブログを3ヶ月で収益化 アフィリエイト完全マニュアル

本当にブログで収益化を目指したい!という初心者の方向けに、私がどのようにして3ヶ月で収益化を成し遂げたのか、その手法と体験談を余すことなくご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事