当サイトは自分の好きなことで生きていく、ストレスフリーに人生を楽しむことをテーマとしています。パラレルキャリアが話題になっているように、潮流は個が主役となる時代。しかし、当然ながら組織内に身を置いたほうが活躍できる人もいるのです。自分に合った生き方を発見するため、ここで敢えて企業に就職することのメリット・デメリットを考えてみます。

スポンサーリンク

企業に就職するメリット

福利厚生の充実により社会的に守られる安心感

会社によりますが、厚生年金・社会保険・住宅手当・食事補助・交通費手当・子育て給付金などの福利厚生による恩恵を受けることができます。これは企業に属しているからこその手当てであり、個人事業主の場合はもちろん自分でこれらを支払っていかなくてはなりません。

教育制度の充実

教育し人材を育てることは企業にとって最も大切な資源の1つです。なので、研修制度や資格取得制度が整っていたりする企業は多く、給料を頂きながら学ぶことのできる環境があります。通常はお金を払って勉強させてもらうのが普通ですから、非常に恵まれていると言えます。

同期の仲間がいる

同時期に新入社員として入社した場合、または中途採用でも同じ年に入社した人がいる場合は、その存在にとても心強く感じるかもしれません。相談をしたり悩みを共有できる仲間がいるということは、長く働く上で重要なファクターの1つでしょう。

社会的地位を得ることができる

特に大企業の場合に言えることだと思いますが、自分の経歴に箔がつきます。徐々にこういった価値観は崩れ去っていきますが、未だに根強くあることも事実です。あの大企業の社員だから優秀みたいな見方をする人も多く、転職時もその経歴が優位になることは間違いありません。

安定して給料をもらえる

毎月余程のことがない限り、基本給など一定の給料をもらうことができます。当たり前ですが、これが一番大きいメリットかもしれません。

企業に就職するデメリット

場所や時間に縛られる

会社の職務内容に応じて毎日決まった時間に、決まった場所で仕事をしなくてはなりません。自由が利かなくなります。リモートワークで仕事ができる場合はこれに該当しませんが、職種が限定されるでしょう。また、自宅から職場までの通勤に時間がかかる場合は、その貴重な時間も奪われることになるでしょう。

嫌なことも対応しなければならない

仕事をしていると、様々な困難が降りかかります。中にはやりたくない仕事や、嫌な人付き合い、空気を読まないといけないことなどストレスの溜まることも多いでしょう。そういったことをうまく乗り越えて社会に適応しなければなりません。

企業に属していれば安心できる時代ではない

大企業に属していれば一生安泰!なんて時代は終焉しました。超大手メーカーが大きく傾いてしまうほど、日本経済を取り巻く環境は変わっています。終身雇用・年功序列といったものは、今後消え去っていくと考えておいたほうがよいでしょう。

会社のルールに従わなくてはならない

会社から転勤を言い渡されたら基本従わなくてはなりません。もちろん拒否する権利はありますが、組織内での立場が難しくなったりする場合もあります。自由に副業したりできない会社も多い。給料は会社からもらっているのだから、個人の考えより会社のルールを守ることを求められます。これは、組織に属している以上は致し方ないでしょう。

スポンサーリンク

自分の考えに合った道を選ぼう

自分の価値観や信念に合った道を選ぶことが最も重要なことです。ここに挙げたメリット・デメリットはあくまでも一般論であって、中には逆にデメリットをメリットと感じる人もいます。

自分のやりたいことを実現するためには、会社にある流通経路・コネクション・プラットフォームを利用すべきというパターンだってあります。うまく会社を利用してしまうということですね。

どの道を選んでも楽なことはありません。ただ、それも含めて人生を楽しめるかどうか。デメリットもメリットと感じることができるのであれば、それが正しい自分の道なのかもしれません。

スポンサーリンク
最初の壁を乗り越えろ! ブログを3ヶ月で収益化 アフィリエイト完全マニュアル

本当にブログで収益化を目指したい!という初心者の方向けに、私がどのようにして3ヶ月で収益化を成し遂げたのか、その手法と体験談を余すことなくご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事