今回は情報を伝えるテクニックとして有名な「3の法則」をご紹介します。人に何かを一生懸命伝えたいんだけど、結局何が言いたいのかうまく纏めるのが難しい!なんて経験ないでしょうか?そんな時、この3の法則を意識してみると効果が出るかもしれません。話すにしても、文章にするにしても、一番言いたいことが伝わってこそ価値が出るものです。

スポンサーリンク

3の数字に隠れた秘密

結論から言いますと、「3」は日本人と非常に関わりがある数字です。

例えば古来から日本は奇数が縁起が良い数字とされていることはご存知の方も多いかと思います。特に「3」「5」「7」あたりは、あらゆる場面で目にする機会が多いのではないでしょうか。例えば古来からある日本の文化や行事だと、

・俳句(五・七・五)

・七五三

・ひな祭り、子供の日、七夕

このようなものに奇数の数字が使われています。

 

更にその中でも「3」は日常的に日本人の生活の中に浸透している数字なのです。世の中にある様々なものが3で括られていることにお気づきでしょうか?

信号機(赤木青)、松竹梅、大中小、金銀銅、日本三景、日本三大祭りなど…

 

「3」という数字は無意識的に日常の中に表れるキーワード的な数字なのです。

(ちなみに「7」も、虹の7色や音階(ドレミファソラシド)などが当てはまります)

3の法則を活用し情報を伝える

「3」という数字が人間にとって本能的に慣れ親しんでいる数字だとするならば、それをうまく有効活用することで人の心に伝わる情報伝達ができるのではないでしょうか。

例えばこちらの私のツイート。このサイトを紹介しているものです。

この表現が正しいかは別として、3つの問いをフォロワーさんに投げかけています。これも「3」を意識して書いたものです。

「伝えたいことを簡潔に3つに集約して纏める」

かの有名なスティーブ・ジョブズも要点をあげる際は必ず3つあったようです。「3 is a magic number」(3は魔法の数字)と昔の歌にあるように、「3」は記憶するのにもちょうど良く、4つ以上になると覚えられずに混乱しやすいが、2つだと物足りない……そこで3なのです。

スポンサーリンク

日常で試してみよう

いかがでしたでしょうか?

不思議な3の法則。必ずしも3が正解ということではもちろんありませんが、色々な場面で応用できるテクニックだと思います。3や7で情報をまとめると、無意識に受け手がわかりやすいと思ってもらえるかもしれません。

もし活用できる場面があれば、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
最初の壁を乗り越えろ! ブログを3ヶ月で収益化 アフィリエイト完全マニュアル

本当にブログで収益化を目指したい!という初心者の方向けに、私がどのようにして3ヶ月で収益化を成し遂げたのか、その手法と体験談を余すことなくご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事