「信用・信頼」というキーワードが近年非常に重要になってきています。この言葉に裏打ちされるのは、物やサービスでの差別化よりも人の要素が大きくなっていることです。なぜか?それは、物やサービスは同質化競争に陥りやすく、明確な差別化がしにくいという背景があります。それに比べて人は持って生まれた個性や人間性は簡単に真似できるものではないので、自然と重要度が増してきているのだと思います。そこで今回は「信用・信頼」を得るためにどのような点に意識して行動してくべきかを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

信用・信頼とは

まず言葉の意味を理解しましょう。

①信用とは

1 確かなものと信じて受け入れること。「相手の言葉を信用する」
2 それまでの行為・業績などから、信頼できると判断すること。また、世間が与える、そのような評価。「信用を得る」「信用を失う」「信用の置けない人物」「店の信用に傷がつく」

これまでの経験や、過去の実績やポートフォリオを見て判断するのが信用です。
②信頼とは

[名](スル)信じて頼りにすること。頼りになると信じること。また、その気持ち。「信頼できる人物」「両親の信頼にこたえる」「医学を信頼する」

これからの未来に対して信用することです。期待や希望といった感情が含まれます。
このように信用・信頼は似た言葉ですが向いているベクトルは真逆なのです。これらは人間関係においてとても重要なことで、これまでの結果から信用が生まれ、未来への期待が信頼になる。どちらか片方だけでは成り立たず、両方がうまく噛み合ってうまく関係性が構築できます。
過去の実績を見て「ここなら良い仕事してくれそうかな?」と感じてビジネスを相談。そして、その相談に対して親身になって対応してもらえたことで「ここなら任せられるな」と思い、仕事を発注する。

「信用・信頼」は言葉や向いているベクトルは逆でも、2つで1つの関係なのです。

信用・信頼を勝ち得るために意識すべきこと

私が重要と感じ実践しているポイントを3つご紹介します。

①相手の立場になって考える

表面的な言葉などではなく、この人が本当に望んでいることは何なのか。相手の立場になって物事を考えるということはとても重要です。それをせずに、自分の主張や意見を相手に押し付けてしまうことは不信感を与える原因となります。

また、相手の立場になるということは、伝え方・タイミング・場所など様々なことを考慮することも時には必要です。

②事後評価が事前期待を上回るような行動

期待以上のことをしてくれて感謝!ありがとう!という経験をされた人も多いのではないでしょうか。自分が想像していた以上の行動・結果を出せば、信頼は勝ち得やすくなります。逆に言うと、期待値のハードルを上げすぎるとそれを超えていくことは難しくなるため、期待値コントロールをうまくすることもテクニックでしょう。

③スピード感を意識する

対応のスピードは実は非常に価値の高い行動です。そして、よく言われることですが優秀な人ほどすぐにやる、すぐに行動するのです。そう言われる所以はそこに価値があるからです。返事をすぐ返す、問いに対するレスを早くする、素早く問題を解決する。これが人一倍早くスピード感をもってできるだけで、信頼を勝ち得ることができるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

これまで書いてきたこと全てを1つの言葉に集約すると、「いかに人に喜んでもらえるか」が信用・信頼を勝ち得るために必要なことです。

そして、自分ならこうしてもらえたら嬉しいと思うことを人に実践、逆にされて嫌なことはしない。この当たり前を具現化するだけでも信用・信頼は構築していけるはずです。

スポンサーリンク
最初の壁を乗り越えろ! ブログを3ヶ月で収益化 アフィリエイト完全マニュアル

本当にブログで収益化を目指したい!という初心者の方向けに、私がどのようにして3ヶ月で収益化を成し遂げたのか、その手法と体験談を余すことなくご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事