昨日大河ドラマの「西郷どんスペシャル」で、幕末に日本を変えた4人の男について語られていました。坂本龍馬、勝海舟、岩倉具視、桂小五郎。誰もが知っている明治維新の立役者です。150年前に日本を大きく変えた人物達、見ていて感じたのは皆ブランド人だということでした。

スポンサーリンク

偉人の共通点を探る

時代に節目に彗星のごとく現れて事を成す偉人。彼らに共通するのはどんな点なのかを探っていくと、ブランド人になるためのヒントを得ることができます。

①志が高い

「西洋に負けない新しい日本の形を作る」手法は違えど、維新の志士達には共通の高い志がありました。そして、自然とそういった共通の思想を持った人たちが惹かれ合い出会っていく。やがて1つの大きな塊となって、大きな事を成す。

②自らの意思で行動する

「上司の言うことだけを聞いて、事を成した偉人はいない」自らの考えで行動し、結果を出し、人を魅了する。誰よりも圧倒的に。今も昔もこれは変わらない普遍的な事です。

③人と異なる事を恐れない

先に挙げた4人、恐らく現代に生きていたら間違いなく炎上必至でしょう。普通の人では理解できないような事を平気でしてしまう。その事を揶揄されても全く気にも止めない。人と異なる事を恐れないという精神的な強さがあります。

自分にしかできない事を見つける

偉人のようなブランド人になることは簡単なことではありませんが、全く不可能なことでもありません。自分にしかできない、もしくは人より圧倒的に得意なことで人を喜ばせることができれば、あなたもブランド人です。

自分にしかできないことなんてない、そんなものどうやって見つけるのか。皆がそう思うでしょうが、それほど大きなハードルではないと思います。例えば、学校のクラス・職場・部活・家族といったコミュニティの場という単位であれば、あなたが1番になれるものが見つかるでしょう。

例えば私の場合だったら、職場のあるサービスを立ち上げから携わり誰よりも精通しているため、実績や知識なら誰にも負けません。こういったものを積み重ねていった先にブランド化はあります。

こうして自分にしかできない事の領域を広げていけば、どんどん自分のブランドは広まっていき、一流と繋がり、また次の大きな世界が広がっていくのです。

スポンサーリンク

自分が突き抜けるテーマ

さて、私が誰よりも突き抜けて行動していくテーマ。

それは「新しい生き方の1つである、オンラインサロンを徹底的に研究する」ということです。好きなことで生きていくを体現しているのがまさにサロンであり、今現在それについて最も多くの記事を上げてその実態に迫っているのは、この「Stressfree-Style」です。

なぜ人はオンラインサロンに熱狂するのか、その本質に迫り自ら実践し研究。それをサイトにて誰よりも発信していく。このテーマで圧倒的に手を動かしていきます。

スポンサーリンク
最初の壁を乗り越えろ! ブログを3ヶ月で収益化 アフィリエイト完全マニュアル

本当にブログで収益化を目指したい!という初心者の方向けに、私がどのようにして3ヶ月で収益化を成し遂げたのか、その手法と体験談を余すことなくご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事