7月7日七夕に合わせて、箕輪編集室「神社プロジェクトチーム」が進めていた『お守り2.0』がついに頒布されました。1ヶ月前の発表から非常に話題性を呼び、満を辞してのお披露目。当日は、箕輪編集室でお守り頒布記念イベントも開催されましたので、もちろん参加してきました。

【お守り2.0の詳細についてはこちら】

スポンサーリンク

誓いを宣誓することの難しさ

当日はお昼に神社に到着しましたが、頒布の売場は大変な人で賑わっていました。近隣で有名な入谷朝顔まつりが開催されていて、更に御朱印が七夕限定デザイン、そしてこのお守り2.0が頒布開始というジェットストリームアタックだったこともあってでしょう。

イベントは神社プロジェクトチームリーダーの小野さん(@ryoki_ono )から、改めてお守りを作るに至ったこれまでの経緯、神社や御祭神についての説明があり、その後皆で誓願書に誓いを書いてみようということでワークがスタートしました。

書くことはある程度考えてきたのですが、実際にお守りを目の前にして誓いを立てるとなると結構大変…。自分の想いを明確に言語化してそれを皆に公開するというのは、実はそれだけでもかなりハードルが高いことだということが体験できます。誓願書5枚くらいは書き直しました(笑)

このハードルを乗り越えるだけで、実は結構誓ったことに対して近づいているのではないでしょうか。自分で言葉にして誰かに伝えているのですから、あとは行動するしかない。これが『お守り2.0』の凄いところで、ただ願うだけでなく言語化し実現を後押しする設計がされているんです。

箕輪さんによる宣誓へのアドバイス

そして、箕輪さんにもご登場頂き、一部メンバーの宣誓に対してアドバイスを頂きました。時間通りに箕輪さんが到着せず、何と近くの別の神社に行ってしまい遅刻するというハプニングも(笑)でも、箕輪さんだから許されてしまうんですよね。許され力が半端じゃないです(笑)

箕輪さんの言葉で一番印象に残っているのは、「まずは圧倒的に行動して数字で示せる結果を残せ。誰も及ばないほどの。そうすれば、自然と自分の発言や行動の影響力が増す。」

よくこの言葉は箕輪さんが仰っていますが、誓いを実現するためにまずやるべきことは「結果を残すこと」。そして、結果を出すためには圧倒的な努力が必要。自分自身の分脈でいうと、まさにここのフェーズなのです。そのことを再確認し、しっかり自分の中で納得できました。

スポンサーリンク

己と対峙し、全世界に宣誓せよ

そういった経緯を踏まえて、私が宣誓したのはこちら!

この2つをまずは必ずやり遂げます。そして、誓いをアップデートしに来たときこそ私の夢が動き出すときです。

 

お守り2.0は#多動力守#圧倒的努力守の2種。今後第2弾のプロジェクトも進行しています。ぜひ、東京入谷の小野照崎神社に足を運んで、新しいお守りを体験してみてください。

スポンサーリンク
最初の壁を乗り越えろ! ブログを3ヶ月で収益化 アフィリエイト完全マニュアル

本当にブログで収益化を目指したい!という初心者の方向けに、私がどのようにして3ヶ月で収益化を成し遂げたのか、その手法と体験談を余すことなくご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事