先日田端さん(から発信されたTwitter発言が大きくバズっていたので、自分なりの見解を考えてみました。題して「アウトプットを想定していないインプットに意味はない」です。

スポンサーリンク

なぜ意味がないのか考えてみた

電車通勤って文脈になっていますが、インプット全般に言えることかと思います。なぜ、アウトプット先を想定していないと意味がないのか。

それは、目的が明確でないから単なるエンタメになってしまっているということだと思います。つまり、一生懸命本を読んだりしていても、そこに書かれた内容を実践したり自分なりの考えを発言したりという行動に繋げられなければ、スマホゲームしていることと同じです。

なので、田端さんが言いたいのは、まず自分は何者なのかどうなりたいのかをハッキリさせることが大事ということと解釈します。それを達成するためにどんなことを学ぶべきか、という順序を経て始めて生きるインプットが成されるのだと思います。

意味のあるインプットにするために心掛けるべきこと

そこでいくつか無駄なインプットにならないために心掛けるべきことを考えてみました。

①本を読む前に何をアウトプットするのか明確に決める

自分ルールをしっかり定めます。例えば、この本を読んで一番刺さったことを必ず生活の中に落とし込んで実行するなど。これならできそう!というものから始めてみる、など。これも小さなことですが具体的な目標設定です。

②インプット・アウトプット比率をバランスよく保つ

「知識メタボ」という言葉も最近よく耳にします。知識ばかりが溜まって全く消費されなければどんどんメタボ体質になってしまいます。それでは不健康ですよね。なので、インプットよりアウトプットによる消費が多い状態を意識することが大事。4:6くらいの割合でアウトプット多めのバランスがおすすめ。

③アウトプットを形に残す

このブログがまさにそうですが、インプットしたことを自分の思考というフィルターを通して言語化し形に残しています。パブリックな場で形に残すことで、自分の考えを明確に発信し後で振り返ることもできるようになります。声を大にして宣言することで、アウトプットが具現化するきっかけになるという効果も期待できます。

スポンサーリンク

常に実践者であれ

「常に実践者であれ」

結局は全てこの結論に至ります。行動してこそ意味がある。なので、これが人生を豊かにし、楽しく前向きに自由に生きるための真理なのでしょう。

私の場合はこのブログが1つ大きなアウトプットの場になっていますが、皆さんはいかがでしょうか?ぜひ有益なアウトプットの場を作って、手を動かす実践者となれるよう活動して頂きたいです。

スポンサーリンク
最初の壁を乗り越えろ! ブログを3ヶ月で収益化 アフィリエイト完全マニュアル

本当にブログで収益化を目指したい!という初心者の方向けに、私がどのようにして3ヶ月で収益化を成し遂げたのか、その手法と体験談を余すことなくご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事