箕輪編集室のメンバーへのインタビューが新R25で記事になっていました。私も所属メンバーですが、全く同じような思いであることと、その他に感じることがあるので記事にしてみます。

スポンサーリンク

外から見ると不思議なオンラインサロン

ここ最近急に話題になってきたオンラインサロン。実は存在自体は結構前からあったのですが、陽の目を浴びるようになってきたのは昨年中頃から今年に入ってからです。

所属していない人からすると、「何かよくわからない団体が最近目立つな」「お金払ってタダ働き?意味不明」という風に見えるかもしれません。クローズドな環境のSNSですから、その活動の実態や本質はなかなか見えないものです。

しかし、堀江さんのHIUや箕輪編集室のように、1000名を突破するくらいの規模になるには、やはりそれだけの価値・理由があるのです。

オンラインサロンが提供する価値

①何かに熱狂できる場所・仲間がいること

誰しも青春時代は何かに打ち込んで汗を流したり、思いを共にする仲間と笑ったり涙したりしたのではないでしょうか。しかし、大人になると社会人となり会社に入り、青春時代のようなことはできなくなってしまうというのが一般的な考え。

でも、そんな一般的な考えや生き方、誰が決めたのでしょうか?大人になったって、仕事しながら・学校に通いながらだって、あの日のように熱狂できるような何かがあり共にする仲間がいたっていい。

そんな人達が集まる場所がオンラインサロンなんです。

そしてやっている活動は様々ですが、世の中に新しい仕掛け・バズ・価値観を提唱するようなことが多いので、活動している本人達は働いているという感覚がないのに外から見るとタダ働きに見えるという構図なのだと思います。

②実践的に学べる環境があること

デザイン制作・ライティング技術・PR手法・映像加工・編集・SNSマーケなどなど、非常に多くのことを実践形式で学べる環境があることは非常に大きい。よくスキルを取得するのに資格を取る・セミナーで学ぶなどがありますが、私からすると何の役にも立たないと思います。失敗してもいいから実践して、楽しみながら手を動かし学んでいく。これが大事です。

誰かが教えてくれるのではなく、環境があるのだから自分から飛び込んでやってみろ!ということです。能動的に動いてこそ、力はつくはずです。インプットよりもアウトプット重視。

③安心できる居場所であること

家庭、職場・学校以外の第3の居場所になっているのがオンラインサロンのような気がしています。好きなことで繋がる価値観を共有できるコミュニティ。クローズドな環境だから、安全安心もできる。

自分は何となく今働いているけど、これでいいのか?自分は将来どうなりたいのか?こういう不安と戦っている人って本当に多いと思います。どうしたいのかよくまだわからないけど、これは好き!何となく面白そう!そう感じたら、ぜひ気軽に自分に合いそうなオンラインサロンに入ってみることをオススメします。

スポンサーリンク

まとめ

端的にまとめると、お金を支払う以上の価値がそこにはあるということ。

・たくさんバッターボックスに立てる環境がある

・世の中に新しいことを仕掛けるプロジェクトに参加できるワクワク感

・価値観が同じ人たちと、居場所を共有して楽しめる

・実践的に学べる環境がある

・著名人の方の講演を間近で聴けたり、直接お話できたりもする

 

どう考えても、お得としか私は思えないですね!

そして、このオンラインサロンのような働き方こそ、ストレスフリーに生きることへ直結していると思っています。だからこそ、この情報をストレスフリーに生きることを目指す皆さんに伝えたいわけです。

新R25の記事はこちら

箕輪編集室についての関連記事

スポンサーリンク
最初の壁を乗り越えろ! ブログを3ヶ月で収益化 アフィリエイト完全マニュアル

本当にブログで収益化を目指したい!という初心者の方向けに、私がどのようにして3ヶ月で収益化を成し遂げたのか、その手法と体験談を余すことなくご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事