FIFAワールドカップ2018決勝トーナメントが行われまして、日本はベルギーに2−3で惜敗。世界ランク3位を相手に2点をリードする展開には日本中が興奮しました。惜しくも逆転されてしまいましたが、最後まで諦めず攻めた姿勢に世界中が大絶賛しています。

しかし、私は色々と今回のワールドカップに対する世論に疑問を感じることが多い。そのことについて私の考えを書いていきます。

スポンサーリンク

山口蛍選手に対する批判について

ベルギーに最後仕留められてしまったカウンターについて。

ネット上ではデ・ブライネに対して、山口蛍選手が棒立ちで何もしなかったという批判が非常に多いのですが、これには物凄く違和感を感じます。

山口選手はこの時、正面から来るデ・ブライネ、中央でスルーパスを受ける動きをしているルカク、左から少し遅れて上がってくるゴールを決めたシャドリと3つを意識しながら守らなければいけない状況でした。この状況で最優先で対応しなければならないのはデ・ブライネのドリブルを遅らせること。なので、ディレイに構えているので棒立ちに見えるのですが、実際はどこのタイミングで足を出すか計っていたと思います。しかしデ・ブライネが出したパスは、更に右サイドをフリーで高速で上がってくるムニエ。ここは山口選手では対応しきれない場所です。

故に、山口選手個人でどうにかできる場面ではなく、ベルギーの高速カウンターのスピードと質が凄すぎたという話です。もしくは批判するとしたら、コーナーキック時にカウンターのリスクを考えずに前のめりになりすぎたこと。個人を批判するのは全く的外れだと思います。

結果に対する世論の反応

最後まで戦った日本代表に、日本はもちろん世界からも賞賛が相次いでいます。

しかし、冷静に考えて頂きたいのですが、2−0とリードしているところから逆転負けしているのです。これがブラジルやアルゼンチンなどの強豪国だったらどうでしょうか?賞賛どころか大批判を浴びていると思います。

この世論の空気感が変わらない限り、日本の8強は遠いなと考えざる得ません。だって、国民は8強に行けなくて、リードして逆転負けしているのに満足してしまっているのですから。

今は戦った選手たちに労いの言葉をかけるべきですが、きちんと何故8強に進めなかったのかを冷静に分析し、問題点・課題を洗い出して4年間で修正していかなければ、きっとこの先のステージに進めることはないでしょう。

スポンサーリンク

サッカー協会に対する批判について

電撃的なハリルホジッチ監督の更迭騒動。

この騒動に対して、サッカー協会や責任者の田嶋会長に対する批判があります。確かに、これまで4年近くを同じ監督に任せてきて、突然解任することに対する任命責任はあるでしょう。

しかし、結果日本代表はグループリーグを突破することに成功している訳です。1勝もできずに大会を終えたなら批判されるのもわかります。でも、一定の結果を出したのに批判を受けるのはフェアじゃないと感じます。

この更迭騒動は本当に悪なのでしょうか?考え方によっては、このショック療法的な決断があったからこそのこの結果とも言えるわけで。そのまま本戦に突入していたらどうなっていたかは誰もわかりませんが、今回の一件で「日本の弱点を克服する」という文脈よりも「日本の強みを活かす」ほうが世界と戦えることは証明された訳です。

その方向性で次の監督は選んでいけばいいし、4年ではなく長期スパンで計画を建ててもいい。次のステップに進めたのですから、良しとすればいいのではないでしょうか。

最後に

世論と真逆の意見で批判を受けるかもしれませんが、正直に私が感じていることを書きました。

今回のワールドカップでもっとサッカーに対して皆が考えるきっかけとなり、普段から海外サッカーやJリーグなどに足を運んでくれればいいなと感じます。

スポンサーリンク
最初の壁を乗り越えろ! ブログを3ヶ月で収益化 アフィリエイト完全マニュアル

本当にブログで収益化を目指したい!という初心者の方向けに、私がどのようにして3ヶ月で収益化を成し遂げたのか、その手法と体験談を余すことなくご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事