FIFAワールドカップ2018、予選ラウンドが終了し日本はグループH組2位になり決勝トーナメント進出が決まりました。運命の決戦となった日本vsポーランド。大きく論争になっている西野監督の采配について、私独自の見解で考えてみました。

スポンサーリンク

試合開始前からの攻防

2試合を終えて、日本はH組で首位をキープ。勝ち点同一でセネガルが2位、コロンビアが3位でポーランドは敗退が決まっていたという状況。

日本は勝ち・引き分けは突破確定、負けでも突破の可能性があるという圧倒的有利な形でした。対戦相手のポーランドは既に敗退が決まっている状況でしたが、このままでは終われないというモチベーションは高かったでしょう。セネガル・コロンビアはガチンコ試合。日本にとってはこの両者が引き分けでポーランドに負けてしまうのが最悪のシナリオでした。

日本は試合開始前から先発メンバーを6人も入れ替えるという奇策に出ます。この意図は、①主力メンバーを温存し、最適な形で決勝Tに入る ②ポーランドの意表をつく ③別のフォーメーションを試す このような理由だと思います。

このうち②は不発に終わりました。本来は外部に漏れるはずのないスタメン情報が事前にマスコミに流れてしまったのです。事前に相手に知られてしまっては奇策になりません。これについては内部の情報管理・メディアの質が今後大きく問われる問題になりそうです。


本田選手の言うことはその通り。試合前から戦いは始まっているわけですから、それを度外視にして己の利益だけを考えたような報道は批難されるべきです。

難しい試合展開

スタメンを6人入れ替えた日本ですが、試合展開は攻めてを欠いて連動性もあまり見られずに、ほとんど決定的なチャンスを作れていませんでした。攻撃陣はシュート9本に対して枠内は3本。前半の武藤のシュート以外、良いシーンは無かった。

ポーランドも同じような状況でしたが、後半14分にセットプレーから日本は決められてしまい先制点を許します。この段階でもう1つの会場で行われているセネガルvsコロンビアは0−0。このままのスコアで試合が終われば、日本にとって絶対起こってはならない最悪の事態に。

日本は攻めるしかない状況でした。しかし、大迫・乾と攻撃のカードを切っても、攻めの連動性はほとんど改善しなかった。ポーランドも1点を取ってからかなり足が止まっていましたが、日本も得点が必要な状況で打開策が見つからない。

そんな状況で他会場のコロンビアが1点先制し0−1に。こうなると、日本は負けでも2位通過が可能。ここで西野監督には選択肢がいくつかありました。

①リスクを犯して攻撃のカードをもう1枚切り、得点を狙いにいく

②このままのスコアで終わると想定して、無難に試合を運ぶ

③リスクは犯さないが、チャンスがあれば積極的に前に出ていく

どの選択が一番最善か。思考している間にもどんどん試合は時間が経過していきますから、短期間に瞬時に決断をせざる得ない状況でした。更に言うと、こういった試合展開はこれまでの日本代表がほとんど経験したことのないようなものでした。サッカー界全体で見ても非常に稀な状況。前例のない状況に立たされて、西野監督は悩みに悩んだと思います。

下した決断は③でした。

スポンサーリンク

予想だにしない出来事

西野監督は試合後の記者会見で、③の決断をしたことをお話しされています。しかし、実際は②のような試合運びになりました。

ここで予想だにしなかった出来事が2つ起こります。

1つは、日本の「このままのスコアで負けでもいい」とポーランドの「このままのスコアで勝ちでいい」と言う利害関係がマッチして、ポーランドがほとんどボールを奪いに来なかったこと。

もう1つは長谷部投入で試合をコントロールしようとしましたが、監督の意図が完全には伝わり切らずに、前者の利害関係がマッチしたことも相まって余裕のボール回しが可能になってしまったこと。

これは想定外だったのではないかと思います。③を狙ったが、結果②のような形になってしまったというのが正しい文脈だと私は思っています。

つまり、意図してリスクのある他力本願的選択をしたのではなく、そうなってしまったのです。

理想的な結末に

結果このままスコアは動かずに日本vsポーランドは0−1で終了。セネガルvsコロンビアもスコアは動かずに0−1となり、日本はイエローカードの差で決勝Tに進出しました。

日本の余裕のボール回しをする試合運びにはスタジアムからブーイングが鳴り響き、各国のメディアから批判が殺到しました。しかし、私は全く恥じることはないと考えます。その理由をご説明しましょう。

①理想的な形で決勝トーナメントに進める

主力を温存し、体力の回復をすることができました。そして、何よりこの采配が正しかったと周囲の雑音を消すには、次に勝利するしかないという状況になりました。日本は今まで過去に2回決勝トーナメントに進んでいますが、いずれも予選突破が精一杯でそれが目標になってしまっていた感が否めません。しかし、今回は次相手が優勝候補のベルギーだろうが、絶対勝たなければならない状況を作り出すことに成功しました。

②結果が全ての世界

情けない試合、他力本願采配などの批判がありますが、どんなに良いサッカーをしても決勝トーナメントに進めなければ何も得られません。リスクを犯して攻めた結果、逆にカウンターを食らって0−2で負けたとして「日本はよくやった」という評価に何の意味があるのか。いや、負けてよくやったなんて言う人は少ないでしょう。目的は「次のステージに進むこと」なのです。

見た目は確かに酷い光景に映るかもしれませんが、これも次に進むための立派な戦略。意図していなかったとしても結果目的が達成できているなら正しいのです。そして、こういった戦い方がワールドカップという大舞台でできたことは大きな財産になるのではないでしょうか。日本に足りない「ずる賢さ」がようやくできるようになった。殻を破ったような感覚が自分にはあります。

まとめ

・西野監督の采配は図らずとも最高の結果となった。

・ベルギーには絶対勝たなければならない状況になった。

・これまでで一番ベストな形で決勝トーナメントに臨める。

・スポーツは結果が全て。負けては何も得られない。

 

次のベルギー戦、私は期待しかないです。この流れだと何か起こしてくれそうな予感がします。

スポンサーリンク
最初の壁を乗り越えろ! ブログを3ヶ月で収益化 アフィリエイト完全マニュアル

本当にブログで収益化を目指したい!という初心者の方向けに、私がどのようにして3ヶ月で収益化を成し遂げたのか、その手法と体験談を余すことなくご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事