このブログでもよくご紹介させてもらっている、幻冬舎の天才編集者箕輪厚介さん。その箕輪さん初の書籍「死ぬこと以外かすり傷」が8月28日にいよいよ発売されます。実は箕輪さんのオンラインサロン箕輪編集室では、期間限定でこの新刊の全文が公開されていまして、それをいち早く読ませて頂きました。

これからその内容を書評レビューしますが、感想を一言で言うならば「日本国民全員読め!」です(笑)それぐらい熱量の籠った素晴らしい本でした。

スポンサーリンク

死ぬこと以外かすり傷は平成版の船中八策

「死ぬこと以外かすり傷」

※既に予約可能なので気になる方はぜひ!!

この本を読んで率直に思ったのは「平成版の船中八策だ!」という感想でした。

慶応3年(1867)坂本竜馬が起草させた新国家構想。 長崎から上洛中、土佐藩船中で後藤象二郎に示したものとされ、朝廷への政権奉還、二院制議会の設置、外国との不平等条約の改定、憲法の制定、海軍の拡張など8か条からなる。 後にこの構想は、大政奉還、明治政府の五箇条の御誓文となって引き継がれた。

船中八策とは諸説ありますが、坂本龍馬が描いた新国家構想のこと。龍馬が生きてきた足跡、そして、龍馬にとっての財産である様々な人と出会い。船中八策は、それらがすべて凝縮された、輝く結晶のような未来予想図でした。

 

これと「死ぬこと以外かすり傷」が重なりました。

この本は箕輪さんのこれまで足跡、様々な著名人との出会い、そこから得られた思考・言葉の全てが凝縮されている魂の結晶です。

見城さんの熱狂、堀江さん多動力、落合さんの教養力、前田さんの思考力、佐藤さんの革新性、佐渡島さんのコミュニティ力などなど、これら全ての人たちと真剣に向き合い己に憑依させていった結果、箕輪さんの輪郭が象られ、言語化されています。


うん、西野さんの言う通りだ。箕輪さんのこの吸収力は並大抵じゃない。箕輪さんだけ「精神と時の部屋」の住人みたいだ。

箕輪さんの教祖力

箕輪さんはオンラインサロン「箕輪編集室」を運営していて、現在1300人もの会員数を誇ります。

これだけの人が月額お金を支払って箕輪さんの旗の下に集まり、何かに熱狂し手を動かしている。普通の人にはなかなか理解し難いこの状況に、「信者ビジネス」と揶揄する人もいます。

しかし、これからの時代のビジネスはどんどん一種の宗教化が進んでいく。信者を集めなくては物を売ることはできない。

なぜならその背景に人が孤独になったこと、物質的に満たされたことの2つが関係してくる。

スマホによって人は自分の好きな情報しか見ないようになった。昔のように1つのテレビに皆が集まり、共通の話題で会話をするということがなくなった。人は多様になったが、それと引き換えに孤独にもなった。だから、好きで繋がるコミュニティであるオンラインサロンが生まれた。同じ価値観を持った人が家庭や会社にいなくても、オンラインサロン内にはたくさんいる。箕輪編集室というオンラインサロンは何か物質的なものではなく、箕輪さんという教祖に集まる「場」を提供しているにすぎない。


この教祖力という名の人間力が、箕輪さんの最も強力な武器ですね。

教祖というとちょっと悪なイメージがありますが、全然そんなことはない。明るく楽しく熱狂できる教祖なら大歓迎です!

スポンサーリンク

次のステージへ

終わりにで箕輪さんが書かれていたことを推察すると、この本をきっかけにこれまでの自分を一旦リセットして次のフェーズに向かわれるんだろうと思います。

今度はどんな熱狂の渦に飛び込んで行くのか、熱狂を巻き起こすのか、今から楽しみでなりません。箕輪さんの冒険は、まだ始まったばかりです。

 

これから新しい時代を生き抜く考え方のマニュアルになるような箕輪さんの初書籍「死ぬこと以外かすり傷」。絶対必読すべき本なので、ぜひ皆さんご購入を!

※既に予約可能なので気になる方はぜひ!!

スポンサーリンク
最初の壁を乗り越えろ! ブログを3ヶ月で収益化 アフィリエイト完全マニュアル

本当にブログで収益化を目指したい!という初心者の方向けに、私がどのようにして3ヶ月で収益化を成し遂げたのか、その手法と体験談を余すことなくご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事