今回の書評レビューはNewsPicksBookの「モチベーション革命」です。これも編集者は箕輪さん。

この本を選んだ理由は、前田裕二さんの「人生の勝算」の中で非常に印象に残っている言葉があったからです。それは、「世の中の大半の問題はモチベーションで解決ができる」というもの。この言葉、いろいろな場面に当てはめて考えると確かにそうだなと思う節があるのです。

例えば、借金で悩んでいる人はそれを隠さずネタにして面白く発信することで、ネット上で反響を呼びお金に変えることができるかもしれない。コンプレックスも同じ構図ですね。あなたが問題と思っていることをプラスに捉えるかマイナスに捉えるか、モチベーションが高い状態は当然プラス思考が強いですから、問題を問題と思わなくなる。

こうして思考を巡らせるとモチベーションというものにどんどん興味が湧いてきたのです。そして気づいたら本書を購入していました。今回はこの尾原さん著「モチベーション革命」の中から、印象に残った点をピックアップし書評していきます。

スポンサーリンク

あなたが頑張る意味は?

まずは世代におけるモチベーションの違いについて。あなたは勉強や仕事やプライベート、何のために頑張っていますか?お金のため?地位や名誉のため?豊かな暮らしのため?モチベーション、つまりやる気には必ず源泉があります。実はそれが世代間で大きく違ってきているのです。

何もなかった世代

戦後の日本は食べるものもままならず、非常に貧しい暮らしを強いられるような人がたくさんいました。そんな生活を脱して豊かに暮らしたい、そのためには必死に働いて任務を達成し、評価されれば豊かさや名誉が手に入る。それが生きがいでありモチベーションだったのです。

すでにある世代

一方で現代の若者はどうでしょうか?何もなかった世代と比べると、そもそもの生活環境が全く違うことがわかります。日本は何もなかった世代の人たちの頑張りによって、急激に豊かさを得ました。その子供達はその豊かさの中で育ってきています。いろいろなものが「すでにある」のです。ですから、何もなかった世代と同じ価値観・モチベーションであるはずがない。なのに、社会文化は何もなかった世代の価値観で構成されていることが多い。特に会社はそうではないでしょうか。

昔のように高級車が欲しい、美女と遊びたい、大金持ちになりたい。すでにある世代はこういったものに対する価値は薄れ、個人の自由・やりがい・友人関係といった小さくて身近な枠組みを重視するようになってきているのです。

 

ここに大きな世代間ギャップがあることに気づかずに、上から昔の価値観を押し付けても当然若者のモチベーションは上がらないのです。本当の自分のモチベーションの源泉はやりがいなのに、お金を稼ぐために仕方なく嫌な仕事をしている。「ライフ」と「ワーク」がかけ離れてしまっている状態では当然モチベーションを維持できないでしょう。

これからはすでにある世代が活躍する

これからは、自分のモチベーションの源泉がどこにあるのか?をしっかり理解し、それに正直に生きる世代が活躍する時代になります。つまり「好きなことで生きていく」が実現できる人が強くなります。

なぜか?

理由は人口減少社会に突入すること。これまでと同じような働き方や価値観は通用しなくなります。人口が減少すると、何とか生産性を維持するために多方面で機械化が進みます。AIがその最先端技術ですね。そうなると、労働と言われるものは機械が行う時代になりますから、人間はやりがいや好きなことに時間を使うようになります。

「非効率な好きこそが次の産業」本書ではこのように書かれていますが、「他人から見たら非効率かもしれないけど、私はどうしてもこれをやりたい」という一種の偏愛。これを個人が大事に育ててビジネス化できるかがポイントと書かれています。そして、これが得意なのはすでにある世代の若者達なのです。

スポンサーリンク

個人の働き方

自分の内側から溢れるモチベーションをエンジンにして生きる働き方とは。

強みを磨き続け、自分にしかできない仕事をする

いろいろなビジネス書に出てくることですね。何か特定の分野で大きく突き抜けることがやはり大切です。本書ではそれを「議事録作成から始める」で丁寧に説明されていました。

尾原さんは会議などの会話をリアルタイムでPCに打ち込むことが得意で、他の人たちから非常に評価をされていたのだそうです。「尾原を会議に入れておけば、すぐに議事録が出来上がる」と評価されると、多くの集まりの場に呼ばれるようになる。そうなると今度は会議の話し合いがおかしな方向に向かっているから軌道修正しましょう、というようなことまで段々わかってきてまとめる力も身につけ成長できた。

誰でもそうですが、必ず他人より秀でいている能力や他人から評価されるような点があります。そこから突破口を見つけだし、1点集中で正面突破し突き抜けてポジションを取ることができればあなた自身をブランド化できるのです。

好きを生きがいに変えていく

生きがいとはどのようにして生まれるか、これを図に表したものがあります。英語で多少わかりづらいので言語化します。

①あなたが大好きなこと

②世界が必要としていること

③あなたが稼げること

④あなたが得意なこと

この4つが交差する場所に生きがいが生じるのです。あなた自身に当てはめて考えてみてください。

まとめ

抜粋して書評をレビューしましたが、これから社会人になる世代にはもちろん、これからの新時代を切り開く世代全てに必読して欲しい本でした。自分のモチベーションはどこから生まれるのか、それを正しく理解できれば、必然的にモチベーションコントロールもしやすくなります。

好きなことだけやる、嫌なことはやらないというような言葉は、言わばモチベーションコントロールなんだなと気づきました。

人間はメンタルの生き物です。1つの出来事をプラスの視点からもマイナスの視点からも見ることができます。これをプラスの方に傾けていくことができれば、自分の人生は大きく変わっていきます。

ぜひ機会があれば「モチベーション革命」を読んでもらい、明るい未来を作り上げて欲しいです。

スポンサーリンク
最初の壁を乗り越えろ! ブログを3ヶ月で収益化 アフィリエイト完全マニュアル

本当にブログで収益化を目指したい!という初心者の方向けに、私がどのようにして3ヶ月で収益化を成し遂げたのか、その手法と体験談を余すことなくご紹介します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事